​選ばれる理由①三ツ星玉子ソムリエのいるお店

たまごのソムリエ検定は、社団法人日本卵業協会が〝たまごの素晴らしさをみんなに伝えよう〟とのスローガンのもと、鶏卵や養鶏に関する正しい知識の普及啓発を目指して開発したものです。一つ星・三つ星・五つ星と3ランクあり、2012年に三ツ星を取得しました。三つ星は、たまごに関する基礎的な知識があり、たまごの素晴らしさを世に広めていく伝道師として元気に楽しく活躍することを期待されています。

ちなみに五つ星は、たまごに関する総合的な知識があり、卵のプロとして認められる人として5年以上鶏卵の業務に携わっている人のみが対象として2020年に検定がスタートしました。過去二年で合格者はたったの7名とか。
鶏卵のことなら何でも分かるプロ中のプロだけが得られる栄光のタマリエ!

第一回の検定で1次試験の論文はパスしました(たしか5人くらい)が2次試験はコケました。。。

現在、たまごの消費拡大につながる『たまご伝道師』として活動しています。

たまごソムリエから、ちょっとだけ卵の秘密を教えます!

たまごソムリエ

たまごのソムリエの事をご存知でしょうか?たまごのソムリエとは、たまごについての知識を正しく理解した人々に与える称号のことです。「一ツ星・三ツ星・五ツ星」の3ランクの資格を取得でき、たまらんどの代表はたまごソムリエ(タマリエ)の資格を保有しています。ここでは、そんなタマリエの視点から、たまごの素晴らしさを世に広めていきたいと考えております。

知っていますか?生たまごの賞味期限について


賞味期限表示が食品衛生法によって義務付けられました。この表示は生で食べられる期間を表示しているものです。賞味期限が過ぎたものでも加熱処理(70℃で1分以上)をすれば安心して食べることができます。生食を基準とした賞味期限はサルモネラ菌の増殖しない期間をもとに決められています。この期間は保存時の温度によっても変わってきます。暑い夏場は約3週間、春・秋は約4週間、冬場は約7週間が目安となっています。当社では、鮮度・風味を考えて約2週間の表示をしています。

たまごソムリエ

意外と知らない!?たまごの保存方法
 

たまごは保存性が高く、15℃以下なら室温で3週間、冷蔵庫なら1ヶ月は保存可能です。収納するときは、冷蔵庫の扉のエッグポケットではなく、奥の棚に細い方を下にして入れてください。たまごの丸い方には空気の部屋があります。この気質は細菌が入りやすいので、なるべく黄身を近づけないためです。また、たまごの殻には約1万もの小さな穴があって呼吸をしています。この気孔からにおいを吸収しやすいので、においの強い食品からは避けて保存してください。家庭で水洗いをすると気孔を通じて水分が入ってしまう可能性があります。たまご自体にも防菌作用があるので、水洗いは避けた方がいいでしょう。

press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1